time

2020.2.22

主張しすぎず、それでもずっと眺めていられるような表現を目指した作品。 終わりとはじまりの繋ぎ目をなくし、日常空間の中に溶け込む映像の在り方を考えた。 View All